ワークショップ「Molecular Architectonics –Toward Realization of Neuromorphic Computing by Nanomaterials」開催(6/29, 30)

ワークショップ「Molecular Architectonics –Toward Realization of Neuromorphic Computing by Nanomaterials」を開催します。

主題:神経型情報伝達、ネットワークデバイス、脳型デバイス、無秩序構造デバイスなどをキーワードとする、アーキテクチャ、材料、構造・界面制御を主題とします。

日時:6月29日、30日 (29日夕にポスター発表、そのあと懇親会の予定です)

プログラム、会場案内はこちら

場所:大阪大学豊中キャンパス 分離融合棟 7F セミナー室 3・4

本ワークショップでは、金沢で開催される応用物理学会、分子・バイオエレクトロニクス分科会の国際会議M&Be9における招待講演者Wilfred G. van der Wiel 先生を阪大にお招きする機会に企画いたしました。Wiel先生は金微粒子の無秩序ネットワークを用いて、論理演算を実現されました。Wiel先生のご講演は6月29日午前を予定しております。 http://www.nature.com/nnano/journal/v10/n12/full/nnano.2015.207.html

問い合わせ:松本卓也(matsumoto-t@chem.sci.osaka-u.ac.jp

文責: 竹田 亮子